理にかなっている巨乳になる方法、脂肪や肉を胸に移動

痩せている人には向かない方法ですが、かなり確実に巨乳にできる方法があります。それは胸周辺の肉や脂肪を胸に移動させるという方法です。これはテレビでAカップだった人がHカップまでバストアップできた奇跡の方法として紹介されていたのですが、とても理にかなっていて私もさっそく試してみました。

やり方はとても簡単で脇の下やお腹、背中や腕などから脂肪や肉を持ってくる感覚で胸のほうに手で流していきます。お腹だったら、お腹に手をしっかり当てて、かなり力強く押しながら肉や脂肪を胸の部分までよせ上げます。

脇の下からも肉を寄せながら胸の部分まで移動させます。お風呂に入っている時やお風呂上りはなんとなく肉や脂肪が動きやすくなっていて簡単によせあつめることができるのでおすすめです。ここで注意したいのが、結構痛くて肌が赤くなったりするのですが、マッサージクリームなどは使用しないほうが効果が高いと思います。

自分の体の肉や脂肪を移動させて胸を作るのでお金などもかからずとても簡単です。この方法は継続してやり続けることがとても大切です。1か月くらいで少しづつ効果が表れますが、少しさぼると一気にもとに戻ってしまいます。原始的な方法だと思いますが、とても効果が高いです。理にかなっている巨乳になる方法だと思います。

巨乳になりたいならベリーダンスがお勧め

バストアップはただ胸を大きくするだけでなく、バストにハリを与えることが大切です。少し太るなどして胸が大きくなっただけでは、将来胸が垂れてしまうリスクも高まります。
いくら胸が大きくても垂れてしまっていては女性としての魅力が半減してしまいます。

そういったことを考えてきちんとバストにハリを与えながらバストアップするなら、運動するのが良いでしょう。その中でも特に、ベリーダンスが良いと思います。

運動でバストアップをするなら胸にきちんと筋肉がつくものがお勧めですが、ベリーダンスは胸を動かす動きがかなり多いので、自然と胸にも筋肉がつきます。

ベリーダンサーを見ていると胸が大きくてきちんとハリがある人が多いと思うのですが、それは胸を動かす動きを何度も練習した結果であり、バストアップして胸が大きくなっただけでなく、ベリーダンスの効果でバストアップした後はその状態をキープすることができています。

バストを下から上に押し上げるベリーダンスでのバストアップは、胸を本来あるべき場所まで戻す効果があるので、この方法ならなかなかバストアップしない人もバストアップできそうです。

もちろん、筋肉がつけばつく程バストアップできるので、ベリーダンスを定期的に踊れば、バストが今以上に成長することも期待できるでしょう。巨乳になりたいなら是非チャレンジしてみてください。